fantaholic Components Vol.1


1. 破滅フェスティバル
2. Danse, Magie, Feu
3. Swedish Girl
4. Be Quiet
5. サテライト


22世紀から21世紀を振り返ったとき、私たちが彼ら/彼女たちに遺したものはなんでしょう?シニカルなニューウェーブ「破滅フェスティバル」、「Danse, Magie, Feu」のコンピューターで再構築されたJazz、「Swedish Girl」で平行移動するTB-303、ピアノ弾き語り「Be Quiet」。私たちには一見バラバラで、それぞれ別の時間軸を持ったように見える作品は、彼ら/彼女たちの心には一貫した時代背景や心象風景を浮かび上がらせることでしょう。先行シングルの日本語版「サテライト」で描かれるように、衛星の上に立ち地上のことに想いを馳せるのが日常となった未来で、こんな音楽とともにノスタルジックなひとときが訪れますように。



-On sale on iTunes, OTOTOY, amazon, etc.



fantaholicのサイトに戻る



1. 破滅フェスティバル



Photo: K.yamashita

作詞:佐藤多歌子/渡部高士
作曲:佐藤多歌子/渡部高士



せかいはプラスチック
私は難解パズル
地元は国際化する
ささいなノスタルジー

Je vous aime, la tristesse
Je vous connais, la misère

そんな顔して愛を語るな
そんな瞳で嘘を語るな

社会はコスメティック
すさんだコスモロジー
我々はペダンチック
かかさずトートロジー

Mon amour, la tristesse
Mon ami, le désespoir
Mon copain, le nihilisme
C'est la même chose, toujours



どうやって作ったか思い出そうとしてみます



佐藤多歌子:この曲ってどういう作り方しましたっけ?
まずはTB-303のリフを私が考えたんだと思うんですよね。
で、TB-303のリフありきで、TR-606のパターンを破滅フェス2013用(※佐藤がTB-303弾き語りライブを1人編成で行った)に私が作ったんでしたね。
渡部高士:どっかのカフェで打ち込んでなかったっけ。
佐藤:ああそんな気もしますね。ドトールとかエクセルシオール?スタバだったっけ?
あ、スタバだ。なんかインスタに写真上げたような。
まずはそれで、ライブをやったってことですよねぇ。
で、ライブの後に曲にしようということになって、録った。終わり。
ギター足して。
渡部:CMU-810(Roland) 入れてね。
佐藤:ああ、タッタッタラッタタッタッタラッタ。
CMU-810を解説していただけますか。
渡部:CMU-810ってのは中身がMC-202とほぼ同じ、という機械。
Compu Synth。コンピュシンセ。
佐藤:ああこれね、これウルトラかっこいいっすよね!!
あと何がはいってましたっけ。
渡部:そんだけだよ。
佐藤:そんだけ?
渡部:他何もないよ。
佐藤:すごい音数多い印象があるんですけど。
渡部:すごい少ない印象があるんですけど笑
佐藤:そんだけしか入ってないんでしたっけ。
渡部:音数少ないから音がいいんだよ。
Compu Synthは、83年、84年ぐらいのPC-8800シリーズってのがあって、その頃にCMU-800っていうPC-8800につなぐ機械があって、 やっぱりそれもRolandが出してたんだけど、それでYMOオタクの人たちが、自分で打ち込みして遊んでたの。
でも、それにはCV/Gateインターフェースがついてて、シンセが鳴らせるわけですよ。もう一台、もう二台ぐらい鳴らせるんだよ 。
で、そのCMU-800っていうそのインターフェースの横に置くシンセとして、Rolandが出した機械なの、CMU-810ってのは。
で、中身がMC-202とかSH-101とかとおんなじなのに、誰にも見向きもされなかったの。
全っ然マイナーな機械で。
佐藤:型番が違うから。
渡部:そう。それを、俺はマイク・ヴァン・ダイクに教わって、これはSHとおんなじなんだって。
それから一生懸命探して、買って。いくらだっけな。5年ぐらいまえだったと思う。
佐藤:わりと最近なんですね。
渡部:そうそう、けっこう最近。ていうか、3年ぐらい前かも。ひょっとしたらそれ作る直前かもしんないし。
そんで今はしょっちゅう使ってんだけど、形がちっちゃいからSHとか鳴らすより楽でいいから。
で、まだあんままだ人にバレてない機械だから、まだすごい安いんですよ。
佐藤:いくらぐらいですか?
渡部:2万しないんじゃないかな。もっと安いかもしんない。
佐藤:安ぅ!今もっと値上がりしてます?
渡部:いや、そんなもん。まだそんなにバレてないから。
佐藤:そうなんだ。
渡部:だんだんバレてくるけど。
佐藤:こんなこと書いたら人気出ちゃいますよね。
渡部:いいじゃん別に。俺もう持ってるし。持ってない機械のこと言わなきゃいいだけだよ。
佐藤:すげえ。これはいい話を聞いた。
渡部:そう。それを知ったのはもっともっと何年も前なわけ。なんだけど、それ数が少ないの、玉数が。
ヤフオクにねぇ、年に2、3個ぐらい出んの。
佐藤:そんな少ないんだ!
渡部:まあ3個か4個とか…そんなもんだと思うんだよ。数ヶ月に一回出んだよ。だけど、それ雑誌で言っちゃったらあっという間に値段上がるから、ずぅーーーーっっと秘密にしてたの。ははは。
佐藤:で今もう買ったから、言っちゃっていいんですね。俺持ってるし。
渡部:俺持ってるし。状態いいからもう二台いらないし。
佐藤:うっへっへ…
渡部:すんげぇーいいよ。810。
佐藤:あれ音危険でしたよね。
渡部:うん。うちに来た人には、使うと教えてあげるんだけどね。
佐藤:買おっかなぁ。あれ。
渡部:いやでも今モノのアナログシンセ買うならもっとましなのいっぱいあるけど。なんか新しいやつ買えばいんじゃない。
佐藤:でも見た目いいですよね。
渡部:うん見た目いい。コンピュシンセ。



この曲で使われているシンセサイザー



via this auction

Roland CMU-810 Compu Synth
結論 特に見た目がいい



Video(リリース前のβ版「破滅フェスティバル」)





2. Danse, Magie, Feu



Photo: Paragram (K. Totsuji)

作詞:佐藤多歌子
作曲:佐藤多歌子/渡部高士



Bienvenue ici!
Nous, on est dans un fragment d'Eden
restant sur terre, isolé
Après moi, n'hésite pas

Adieu, la paresse
Salut, la maladresse
Adieu, la mollesse
Salut, l’ivresse

Aime frémir, Tue l’ennui
Aie l’envie d’aimer, quel entêté
Aime sentir, pleure et désire
Soyons-nous même exigeants

Aime offrir, pas obéir
Voilà la clé, prends ta volée
Pas de logique - Danse, magie, feu
Vivons-nous dans la fantaisie

Adieu, la faiblesse
J’ai la hardiesse
Adieu, les diablesses
Salut, les déesses

夕暮れどよめく
さあさ、おまつり
泣き言にさらば
見えた、明日が

あ、あ、空
あ、あ、向いた
あ、あ、穂先
あ、あ、齧る

Aime frémir, Tue l’ennui
Aie l’envie d’aimer, quel entêté
Aime sentir, pleure et désire
Soyons-nous même exigeants

Aime offrir, pas obéir
Voilà la clé, prends ta volée
Pas de logique - Danse, magie, feu
Vivons-nous dans la fantaisie



どうやって作ったか思い出そうとしてみます



佐藤多歌子:じゃあ次の曲に行きまして。ジャズですね。"Danse, Magie, Feu"はどうやって作ったか。
メロディは先にあったんですけど。(私の中に)
渡部高士:メロディがあって、ドラム適当に入れて。ドラムはループなんだよね。ループしてんだよあれ、4小節で。気づかないんだけど。よく聞くと4小節で完全にループしてんだよ。
佐藤:うん。キモはベースですよね。ウッドベースを打ち込んで、激しくナチュラルっぽく。
渡部:最初に入れたのはコードだよ。多歌子がピアノのコード入れたの。
佐藤:ああそっか。
渡部:でそれを定規に、ベース入れてったの。
佐藤:ドラムがあってピアノがあって、そこにベース入れてったってことですよね。
渡部:そう、そう。でラッパ入れて、フルート入れて終わりかな。
佐藤:なんのシンセで入れたんでしたっけ。
渡部:シンセはHALionかな。ソフトシンセ。なんで、音源は普通のもんだよ。みんな。
佐藤:ベースとかもHALionなんですか?
渡部:ベース、、HALionじゃないかな。HALionかKONTAKTかどっちか。わかんないけどまあ生音の。
佐藤:とにかく生音のサンプルを使って、極限まで打ち込みましたって感じですね。
渡部:そんな時間かかんなかったよ、でも。
佐藤:まあ高士さんが天才だから速かったけど、ちょっと生っぽい動きを足してったじゃないですか。
渡部:ゴーストノートとかね。音鳴らさないノートだよ。なんか、ピッキングノイズとか。
佐藤:あとちょっとはねてますよね。
渡部:そうそう。跳ね方と、音符の置き方がキモなんだよ。
偶数拍が全部後ろになって、16分だけじゃなくて、普通16分だけが後ろに行くんだけど、どっちかっていうと打ってると4分がつっこむ感じなんだけど。4分も突っ込むし、あと多分2分も後ろにずらさなきゃいけないんだよね、偶数2分も。そうすっと偶数の2分が後ろに行くってことは、きっと偶数小節の頭きっと後ろにずらさなきゃいけないんだよ。って延々にそういうフラクタル構造になってるんだけど、ああいうグルーブって。でもそんなことは別に考えてるわけじゃなくて、なんかできるようになった。
あれ3回目ぐらいなの、俺の、トライの。ああいうランニングベースを作る。
3度目の挑戦かなんかなの。
佐藤:で初めてできたって言ってましたよね。
渡部:そうそうそうそう、初めて満足のいく形になったの。
3度目か4度目かまあわかんないけど、そんなに何度もやってないんだよ。
佐藤:じゃあそんなもんですかね。この曲は。
渡部:あと途中でね、ムーグかCMU-800かなんか鳴るよね。あのまま行ったら面白くないから、途中からそれ(ベース)と808(ドラム)におんなじシーケンスを挿げ替えて、全く同じシーケンスで。
佐藤:そこが超キモだった笑
渡部:それであれだ、αJUNO-2のパッドが入るんだ。ファー、ファーってやつ。あれは808 StateのPacific Stateと同じ音なんですけど。
佐藤:ああそうですね。
渡部:αJUNO-2もねー、超安いんだよね。2,000円だったの。
佐藤:やっすい!
渡部:あ、2,000円じゃねえ。それただだ。俺友達にもらったんだそういえば。1個目は2,000円じゃないや、ただだ。あ、でも2,000円払ったかな、あいつに?飯おごったぐらいだったんだよね。多分そんなもん。
佐藤:考えられないですね。
渡部:でも今でも安いよ。
佐藤:最後は戻ってくんですよねこれ。
渡部:だんだん戻ってく。両方出んだよ、途中で。
挿げ替えたベースは消えてるかもしんないけど、808はそのまま出てるの、多分ね。
そう、で、そうだ思い出した、808のドラムが、生のドラムと同じタイミングで鳴ってんだけど、生のドラムはループだから、生のドラムのループのタイミングを拾ってMIDIに変えたんだね。
けっこう複雑なことしたんだよ。まあ、すぐできるよ。
佐藤:すぐできるのは高士さんだからね。
渡部:うん。あとあれもじゃない。あの曲はラッパの音も生っぽく聞こえるんだけど。あれは一生懸命打ったよ、ラッパ生っぽく。強弱と、あとやっぱあの、ゴーストノートだね。
ラッパってさぁ、ちゃんと鳴り始める寸前にさぁ、絶対さぁ、リードがさぁ、カチンていう音入ってんじゃん。本物のラッパって。なんかリードが鳴り始める時の音が入るんだけど、それを、すっげえ短いノートを入れといて、本物のノートの手前に。なんかねぇ、そんなことやって作んの。
あれ本物っぽいっしょ。ラッパが一番本物っぽいんだよ、これ。



この曲で使われているシンセサイザー



Roland Juno 2

Roland Juno 2 by Derek Gavey, on Flickr

Roland αJUNO-2
あの泣ける音が出る



Video



Movie: Paragram (K. Totsuji)

なぞなぞ!


一見普通にみえるこのビデオ。どのようなトリック/撮影手法を用いて撮影されているでしょうか!?




答えは…






“歩くシークエンスは

・普通の速度
・少しスローなもの
・もう少しスローなもの

を全部で4つ使って切り替えてます。
スローなものは速度を早めて撮ったものをもとの速度に戻しているので
歩きはスローだけどのうごきは曲と合っている、というものです。
地球儀のものは同じやり方で少しスローになったやつを
コマ落とし(フレーム数を少なくしてカクカクした感じにする)にしています。”
(Paragram (K. Totsuji))



“BPMを変更した曲を再生し、それに合わせて早口で歌ったり、ゆっくり歌ったりのカットを撮影し、
編集時、音に合うように編集してもらいまいた。
早く歌うのはけっこう大変でした笑
遅いのも眠くなりましたね〜”
(佐藤多歌子)



3. Swedish Girl に続く(詳細近日公開)